中古マンションのリノベーション

中古マンションをリノベーションしよう!

このサイトでは中古マンションをリノベーション目的で購入するときのポイントについてわかりやすく紹介します。
どんな物件がむいているのか、購入にはどんな点に注意したらいいのか、失敗しないためのポイントなど、初めてでよくわからなくてもあらかじめ知っておけば役立つ情報はたくさんあります。
ここでは購入する前に知っておきたい情報や、確認しておいた方がよいことをポイントごとに説明するので物件探しの参考にできます。

中古マンションを購入してリノベーションを希望!そんな方が知っておくべきポイント

中古マンションを購入してリノベーションを希望!そんな方が知っておくべきポイントとは? 新築マンションの価格高騰から中古マンション市場は活況です。
新築のように改築された物件だけでなく、自分の思い通りにリノベーションするために中古マンションを購入する人もいます。
リノベーションには費用もかかるのでできるだけ安く仕上げたいものですが、そのためにはポイントがあります。
まず費用がかかるのは間取りの変更です。
新しく壁を作ったり、壊したりすれば費用もかさむので、コストを抑えるにはできるだけリノベーション後の間取りに近い物件を購入します。
特に和室の有無はポイントで畳をフローリングにするときは底上げする必要があり、洋室を和室にするときは床の上に畳を敷くので段差が生じます。
これらは購入前に間取りを決めておけば避けられるので和室を考えている場合は和室のある間取りを、考えていない場合はない間取りを選ぶことが大切です。

マンションリノベーションで確認すべきこと

マンションリノベーションで確認すべきこと 日本の住宅事情は戦後大きく様変わりしました。
土壁の長屋は影を潜め、高度成長期にはニュータウンや団地にマンションが多く立ち並ぶようになっていきました。
団地やマンションであれば、庭の手入れや門扉のメンテナンスなどもなく、非常に簡単で利便性の高い住まいが実現するんです。
しかしながら高度成長期より50年ちかく経過し、マンションの老朽化が深刻な社会問題になってます。
排管の交換も一度も行っていないので、いつ破裂して階下に水漏れが起こり甚大な被害をもたらすかもしれません。
そこでマンションリノベーションをすることをお勧めします。
古くなって黄ばんだ壁紙や壁を撤去し、黒ずんだフローリングやじゅうたん、畳敷きなども一斉に撤去します。
そして新たな設計に元図いて、フルリノベーションすることで新築並みの住まいを実現することが可能です。
ただリノベーションする際には、確認しなければならないことがあります。
マンションなど集合住宅の場合には工事の騒音の問題もあるので、必ず管理組合の規約にもとづいて報告義務を行う必要があります。
管理組合理事長の許可を得て、決まった時間に工事を行い騒音やゴミ出しにs注意を払い、近隣の迷惑にならないよう努めることが大事です。

セミオーダーのリノベーション工事の魅力とは

中古マンションなどを購入するときには、室内の状況に合わせて入居前にリノベーション工事を行うことが多いです。
また中古一戸建て住宅の場合には、外観も含めて総合的にリニューアルをする必要があります。
室内や建物全体のリニューアルを依頼する場合には、まず最初に見積もりを出してもらうことが重要です。
そして予算を最小限に抑えたいときには、セミオーダーのリノベーションのプランから選ぶべきです。
セミオーダーのプランは必要な施工内容がパッケージ化されており、費用も安くて工事期間も短いのが魅力です。
一定の範囲内で施工内容を選べるので、施主のニーズにマッチした室内にリニューアルすることも十分に可能です。
中古物件購入に伴うリノベーションでは、面積で料金が決まる定額制のプランを選ぶ方法もあります。
料金システムがわかりやすいので、気軽に工事を発注できるのが魅力です。
施工する会社を選ぶ上では、ウェブサイトで公開中の実績紹介の画像が役立ちます。

ワンストップのリノベーションは一つの会社で済ませれる

近年増えているリノベーションですが、通常だと物件探し・デザインや設計・資金繰りとローン・施行会社へ依頼などそれぞれでやり取りするので時間や手間がかかります。
この工程を一つの会社で済ませるのがワンストップリノベーションです。
物件探しから完成後のアフターフォローまで、全ての流れを1社で対応し窓口が一つだけなので、変更から相談までスムーズで完成までの時間が短く出来ます。
施工主はどんな状況で流れなども掴みやすく安心です。
2種類あって、まず全て自社で行うオールタイプだと、不動産探しから設計・施工など全て行います。
全ての工程が会社内でやり取りし指示や連絡も早くて、スムーズに進められます。
工事の変更も受け入れやすく施工主側のメリットも多いです。
もう一つは他社との連携のバーシャルタイプで、窓口は一つですが複数の不動産・設計・施工会社などと提携してから行います。
実際に設計や施工をするのは別の会社なので、仲介役を担当しているといったイメージに近いです。

リノベーションとは何かリフォームとの違いについて

英語のリノベーションは、建物の改修のことを指しています。
今ある建物の間取りや内装や配管といった所まで大規模な工事を行うことで、家の新たな機能の設置や付加価値を与える改装工事を行なうことです。
マンションの一室や家一棟や、家の構造などに関係なく行なうことが出来ます。
リノベーションと同じような意味と捉えがちなリフォームは、老朽化した建物を新しい状態へ戻すことを指しています。
ひび割れた外壁部分の塗装や壊れた家の設備の修復や、変更などを行なうのがリフォームです。
リフォームとの違いは工事の規模や、住まいの機能性の差などが挙げられます。
リノベーションは大規模な改修工事が必要で、フルスケルトンと呼ばれる解体を行い躯体構造のみにしてから新たに工事を行なうケースもあります。
リフォームはあくまでも元の機能への修復が主で、リノベーションは新築時以上の機能性の向上やデザイン性の向上を見込める改修工事で大きな差があります。

スケルトン状態からリノベーションを行うことのメリット

リノベーションは古くなった住宅を改修して住みやすくすることをいいますが、部分的な補修工事がメインとなるリフォームに比べると、工事の規模がより大きくなりがちだという特徴があります。
最も大がかりな場合だと、住宅をいったんスケルトン状態にしてから改めて内装工事を行うこともあります。
ここでいうスケルトンとは「骨格」という意味を持つ英語で、住宅で言えば建物自体を支えている基本的な構造部分を指します。
具体的には支柱や屋根、構造壁などがこれに当たり、大がかりなリノベーションではこれ以外の部分、浴槽やキッチンなどの設備はもちろんのこと、内壁や床板などもすべていったん取り外します。
そのため、間取りやデザインなどをほぼゼロベースで見直し、より自由な空間設計が可能となります。
また、耐震強度や配管の劣化具合など、外からでは見えない住宅の経年変化もチェックできるので、それに合わせた工事を行うことで住宅の寿命をさらに延ばせるという利点もあります。

リノベーションを行う時にDIYでも可能な範囲と必要な工具

自宅のリノベーションを行って、快適な住まいにしたいと考える方の中には、DIYで安く施工することを希望する方も存在しています。
出来る範囲は限定されるものの時間を掛ければ計画通りに施工することはでき、技術的に分からない部分はネットから調べる方法でも対応できます。
まずはリノベーション前は床面がフローリングではない住宅や、和室がある住宅の場合、床材と敷居を全て撤去した上で、高さ合わせを行ってフローリングを張る方法があります。
この作業ではフローリング材をカットする際に電動丸鋸が必要になり、釘打ち機もあれば便利です。
クロスは張り替えで簡単に作業は行えますが、コンディションが良い場合は屋内用の水性塗料を使って塗装作業でもイメージを大きく変えることは可能です。
2階建て住宅の場合は2階の居室には押し入れやクローゼットが備わっていることが多いのですが、隣り合わせの室内とクローゼットの位置が同じ場合では、中板を撤去し奥側の壁を解体することで広いスペースのウォークインクローゼットに仕上げることもできます。
この工法ではドアや扉が必要になりますが、蝶番を使えばドアもDIYで作り出せます。

リノベーションの参考サイト

下松市 リノベーション

新着情報

◎2022/7/1

情報を追加しました

> セミオーダーのリノベーション工事の魅力とは
> ワンストップのリノベーションは一つの会社で済ませれる
> リノベーションとは何かリフォームとの違いについて
> スケルトン状態からリノベーションを行うことのメリット
> リノベーションを行う時にDIYでも可能な範囲と必要な工具

◎2022/2/15

サイトを公開しました