中古マンションのリノベーション

中古マンションをリノベーションしよう!

このサイトでは中古マンションをリノベーション目的で購入するときのポイントについてわかりやすく紹介します。
どんな物件がむいているのか、購入にはどんな点に注意したらいいのか、失敗しないためのポイントなど、初めてでよくわからなくてもあらかじめ知っておけば役立つ情報はたくさんあります。
ここでは購入する前に知っておきたい情報や、確認しておいた方がよいことをポイントごとに説明するので物件探しの参考にできます。

中古マンションを購入してリノベーションを希望!そんな方が知っておくべきポイント

中古マンションを購入してリノベーションを希望!そんな方が知っておくべきポイントとは? 新築マンションの価格高騰から中古マンション市場は活況です。
新築のように改築された物件だけでなく、自分の思い通りにリノベーションするために中古マンションを購入する人もいます。
リノベーションには費用もかかるのでできるだけ安く仕上げたいものですが、そのためにはポイントがあります。
まず費用がかかるのは間取りの変更です。
新しく壁を作ったり、壊したりすれば費用もかさむので、コストを抑えるにはできるだけリノベーション後の間取りに近い物件を購入します。
特に和室の有無はポイントで畳をフローリングにするときは底上げする必要があり、洋室を和室にするときは床の上に畳を敷くので段差が生じます。
これらは購入前に間取りを決めておけば避けられるので和室を考えている場合は和室のある間取りを、考えていない場合はない間取りを選ぶことが大切です。

マンションリノベーションで確認すべきこと

マンションリノベーションで確認すべきこと 日本の住宅事情は戦後大きく様変わりしました。
土壁の長屋は影を潜め、高度成長期にはニュータウンや団地にマンションが多く立ち並ぶようになっていきました。
団地やマンションであれば、庭の手入れや門扉のメンテナンスなどもなく、非常に簡単で利便性の高い住まいが実現するんです。
しかしながら高度成長期より50年ちかく経過し、マンションの老朽化が深刻な社会問題になってます。
排管の交換も一度も行っていないので、いつ破裂して階下に水漏れが起こり甚大な被害をもたらすかもしれません。
そこでマンションリノベーションをすることをお勧めします。
古くなって黄ばんだ壁紙や壁を撤去し、黒ずんだフローリングやじゅうたん、畳敷きなども一斉に撤去します。
そして新たな設計に元図いて、フルリノベーションすることで新築並みの住まいを実現することが可能です。
ただリノベーションする際には、確認しなければならないことがあります。
マンションなど集合住宅の場合には工事の騒音の問題もあるので、必ず管理組合の規約にもとづいて報告義務を行う必要があります。
管理組合理事長の許可を得て、決まった時間に工事を行い騒音やゴミ出しにs注意を払い、近隣の迷惑にならないよう努めることが大事です。

リノベーションの参考サイト

下松市 リノベーション

新着情報

◎2022/2/15

サイトを公開しました